アンティークの着物が持つ風合い

工房壱では、アンティークの着物を使ったポーチやキーケースなど、日常生活に和を取り入れやすく、老若男女問わず気軽にご使用いただけるをコンセプトに革やデニム、帆布などと合わせ、オリジナルデザインで制作しています。 また、海外の方へのお土産やギフトにも喜んでいただいております。

着物について

着物とは和服の事を言うように洋服と同じように様々な種類、素材、加工があります。 例えば、留袖・振袖・訪問着・浴衣・紬・羽織・袴というようなスタイルの違い。 生地では正絹・麻・木綿・ウール・化繊など様々な素材があり先染め、後染め、織物など加工にも種類があり奥深いものです。 伝統的なデザインからモダンなデザインの着物は、海外の方へのプレゼントやお土産に多くご利用いただいております。 日本の伝統技術が生んだデザインは、普段使いにもプレゼントにもお薦めな和柄アイテムです。

着物を使用した商品について

当店では着物生地の素材や価値に拘るのではなく工房壱らしい柄の出る着物を使用しております。 昔の着物生地を使用していますので、生地の風合いを変えてしまう事もあるのですが、長く使用して頂く為に接着芯を貼り合わせたり商品毎に適した補強をしております。 また着物生地を使用しておりますので数には限りがあり、全く同じ柄配置にならない1点ものの商品となります事をご理解ください。